避難ハッチ腐食に伴う交換工事 大規模修繕工事 仙台 2012.07.03

古いマンションやアパートでは、ベランダの避難ハッチが腐食して使い物にならないケースが有ります。今回、築40年になるアパートの場合はひどく腐食が進行し、交換の際既存の蓋を開けようとしたら明かず、バールを使用してこじ開ける状況でした。
古いタイプの避難ハッチは枠や梯子がスチール製で、腐食すると非常時には梯子が降りなかったりして機能を果たしません。枠の周りはシール処理していますがやがて破断やひび割れが生じ、雨水が侵入して腐食が起こります。定期的にシールの打替えしていればまだ良いですが、意外とと放置されて気が付かないケースも少なくありません。
なお、金属製梯子については、昭和52年2月付け自治省令により、「技術上の基準と特例及び期間」を公示し「型式失効」を明示しています。具体的には昭和50年7月以前に型式認定を受けている製品は全て失効となっています。消防検査で指摘されたら早めに交換する必要が有ります。
既存の避難ハッチは中枠のみを残して上下の蓋と梯子を撤去します。残した中枠から新しい避難ハッチを差し込み、新しい避難ハッチの下枠新しいステンレス製枠の間に挟み込むようにして取り付けます。
内部に梯子を取付けハッチの開閉、付帯部品の調整、点検を行います。ステンレス上蓋の廻りをシール処理して工事は完了します。作業時間は1台あたり90分前後で終了します。
施工前 01
施工前 01
施工前 02
施工前 02
既存枠・梯子撤去撤去
既存枠・梯子撤去撤去
新規避難ハッチ取付け
新規避難ハッチ取付け
作動テスト
作動テスト
施工完了 01
施工完了 01
施工完了 02
施工完了 02
関連サイト「マンション修繕工事サイト仙台」

https://www.meiwa-renewal.jp/index.html

【仙台で外壁改修、塗装、防水、震災復旧工事を中心とした大規模修繕工事に特化した明和】
関連サイト 「マンション修繕工事サイト仙台」
【仙台で外壁改修、塗装、防水を中心とした大規模修繕工事に特化した明和】

The following two tabs change content below.
坂野宏三
■マンション修繕 工事アドバイザー マンション管理組合様、賃貸マンションなどのビルオーナー様のお客様担当をさせて頂いています。大規模修繕工事の外壁調査・診断から、外壁改修・塗装・防水・金物工事などの工事もお気軽にご相談下さい。 資格:一級建築施工管理技士(監理技術者)・マンション維持修繕技術者・マンション改修施工・管理業務主任者

マンションの大規模修繕工事なら、株式会社明和にお気軽にお問い合わせください。

0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜) 0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜)
  • 無料見積もり・ご相談
  • 建物診断お申し込み