賃貸マンションの震災復旧工事着工 仙台 2013.01.16

昨年末で4物件の震災復旧工事が完了し、年明けからは公共工事に関する下地補修や塗装などの工事がメインになっています。殆どの管理組合様としては年末までの工期を希望されるわけで、どうしても竣工予定が複数重なってしまうという現実があります。
しかし、12月に入ってからは例年にないような寒い日々が続き、下地補修・タイル張替え・塗装などに少なからず影響を与えています。冷温でエポキシ樹脂注入などの硬化が遅れ、エポキシ系モルタル充填の工期が延びてしまい、水性塗料を使用した塗装仕上げもその影響は免れません。12月竣工の物件でも工期が延びてしまい、1月~2月にかけて工事が続いているケースも見られます。
特に、今後、3月末工期の公共工事物件の仕上げ工事は残された工期との戦いともなり、現場を管理する方の苦悩は続くと思われます。震災復旧工事はまとまった物件も多く、今後は書く現場で竣工に向けての急ピッチの工事が続きます。
今回、以前から塗装・防水でお世話になっている賃貸マンションのオーナー様よりお声が掛り、急遽調査の上見積書を提出させて頂き、早速着工の運びとなりました。
複数棟を所有されているオーナー様ですが、今回は一部損の7F・42世帯のマンションの震災復旧工事です。他の棟は元施工のゼネコンさんにお願いして工事は完了していますが、どうしても下地補修や塗装仕上げで満足のできる結果ではなかった為、弊社にお声がけを頂いたという次第です。
分譲マンションの場合とは異なり、賃貸マンションの場合には利回り等を考慮の上、必要最小限でよりリーズナブルな工事を目指されるわけですが、今回は、品質にこだわると同時に美観も重視するクオリティーの高い工事を目指される方針です。限られた予算の中でどの様にしてオーナー様の満足の得られる結果を出すか、期待にお答えするこ事できる為の知恵と実行力・努力が求められます。
0920sekoumae (66)
0920sekoumae (20)
0920sekoumae (24)
sekoumae09 (45)
1220sekoumae (7)
関連サイト「マンション修繕工事サイト仙台」
https://www.meiwa-renewal.jp/index.html
【仙台で外壁改修、塗装、防水、震災復旧工事を中心とした大規模修繕工事に特化した明和】

The following two tabs change content below.
坂野宏三
■マンション修繕 工事アドバイザー マンション管理組合様、賃貸マンションなどのビルオーナー様のお客様担当をさせて頂いています。大規模修繕工事の外壁調査・診断から、外壁改修・塗装・防水・金物工事などの工事もお気軽にご相談下さい。 資格:一級建築施工管理技士(監理技術者)・マンション維持修繕技術者・マンション改修施工・管理業務主任者

マンションの大規模修繕工事なら、株式会社明和にお気軽にお問い合わせください。

0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜) 0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜)
  • 無料見積もり・ご相談
  • 建物診断お申し込み