アフターフォローについて

明和のアフターフォロー

長かった大規模修繕工事も無事終わり、ようやく日常の平穏な日々が戻ってきました。
とはいえ、大規模修繕工事が完了したらそれで終わりという訳ではありません。

どんな立地の建物でも、風雨や降雪、或いは紫外線などにさらされ続けて行きます。
そして、年月の経過とともに劣化は進行していきます。
特に、お手入れを怠った建物は、加速度的に劣化が進んでいきます。
しかし、お手入れ次第では劣化の進行を緩やかにし、建物の寿命を伸したり、資産価値を落とすことなく維持して行くことが可能です。
そのためには、定期的な点検と適時かつ最適な修繕が欠かせません。

私たち明和はただ、工事を行うだけの会社ではありません。
お客様の建物改修・修繕工事を担当させて頂いた主治医として建物を末永く見守り、より良い状態を長く保つことを目指しています。
多額の費用を投じて行われた大規模修繕工事ですので、私たちを信頼して頂いて工事をお任せ頂いたのですから、責任をもってメンテナンスを行なっていくのが義務と考えています。

アフターメンテナンスの計画

工事が終わってもお付き合いは変わりません。
お引き渡し後もアフター点検をさせて頂き、各工事ごとに充実の保証をさせて頂きます。

工事の種類 保証期間 点検内容
下地補修工事 5年間 補修箇所の浮き・ひび割れ・剥離
外壁塗装工事 5年間 塗膜の剥がれ・著しい変退色
鉄部塗装 2年間 塗膜の剥がれ・発錆・著しい変退色
屋上防水工事 10年間 防水層からの漏水 塩ビシート・改質アスファルト(全面改修の場合)
バルコニー防水工事 5年間 防水層からの漏水 ウレタン塗膜防水(全面改修の場合)
共用廊下・階段 5年間 防水層からの漏水 ウレタン塗膜防水
シーリング打替え 3年間 漏水・ひび割れ・剥離

アフターケア計画の例

竣工引渡し後の年数/点検する部位 アフター点検の流れ 緊急を要する場合(漏水等)は早急に対処します。

定期点検

上記の保証に加えて、1年、3年、5年、10年ごとに定期点検を行います。

工事完了 内容 対象
1年目 アフター点検 施工部全般
3年目・5年目 アフター点検 補償対象部位全般
10年目 アフター点検 補償対象部位全般

定期点検の前には、毎回入居者様にアンケートを配布し、お気づきの点を記入頂ければ管理組合様と協議します。

工事引き渡し後、1年、3年、5年、10年後に定期点検を実施し、その結果をお客様に報告します。
定期点検実施の際には、管理組合様に申入れを行い、もし、瑕疵が見つかった場合には、手直し方法と実施予定を協議の上、手直し作業を行います。

また、経年の劣化に伴う不具合が発生した場合には、詳細は調査の後、報告書を提出させて頂き、最適な修繕のプランをご提案します。

定期点検実施の例

定期点検実施の例の流れ