マンション外壁改修工事 爆裂・欠損補修 2015.04.02

築36年以上経過する賃貸マンションの外壁改修工事が着工し、足場の架設が完了して調査・マーキングが先行して行われました。この建物は震災復旧工事が行われいない為その当時の状況のままで、外壁には顕著な欠損や鉄筋爆裂・ひび割れ・モルタル浮きが確認されました。

下地の補修数量は足場を架設後の調査で実数を把握し、見積書の予想数量との増減数量を確定して金額を算出します。最終的な補修金額を確定して初めて下地補修工事に着手します。

この賃マンションは36年前に竣工した建物ですが、外壁の仕上げが「スタッコ仕上げ」と呼ばれる凹凸の多い独特な仕上げ面で、現在では殆ど行われていない古い工法です。建物の外壁などの表面にセメントモルタルを特殊なコテで塗り付けたり、モルタルや合成樹脂を吹き付けた後、塗装面が柔らかいうちにローラーで押さえるなどして、表面を粗面(凹凸のある状態)に仕上げるやり方です。

震災による欠損や経年劣化による爆裂は数打多く見られ、通常の下地補修の方法では対応が出来ないため、多き欠損部は型枠を設置てポリマーセメントで復旧します。この際、上端面にはモルタル落下防止用のアンカーピンを打設し、鉄筋には棒部ペーストを塗布しておきます。

型枠撤去後の仕上げ面にパターンを戻す為、鎖骨ローラーにベースをタップリ付けてパターンを戻し、その後ローラーで頭を押さえてスタッコ調の仕上げとします。現在、吹付けでスタッコを仕上げに戻すことは困難な為、出来るだけ目立たない様なパターンとなります。

他にひび割れのエポキシ樹脂注入や摺り込み作業を行い、微細なひび割れに追従する微弾性フィーラー(下塗り材)を塗布し、水性シリコンの仕上げ材を2回塗りして仕上げます。

 

0224kasetu(2)
足場架設状況

 

0310koutei(17)
爆裂・欠損・クラックの調査・マーキング
0310koutei(8)
バーストはKA里ジョブをチョップ
0310koutei(5)
斫り作業完了
0310koutei(22)
モルタル落下防止用アンカー打設& 錆止めペースト塗布
0310koutei(30)
ポリマーセメント充填
0310koutei(24)
型枠設置
0312koutei(17)
型枠撤去完了
0323besu
パターンを付ける為のベース
0325sitanuri(2)
パターン付け&ヘッドカット
0323sitanuri(2)
微弾性フィーラー(下塗り材)塗布完了

 

0327uwanuri(7)
中塗り・上塗り作業
0402kanryou(11)
施工完了
0402kanryou(3)
施工完了
0402kanryou(10)
足場解体完了
The following two tabs change content below.
坂野宏三
■マンション修繕 工事アドバイザー マンション管理組合様、賃貸マンションなどのビルオーナー様のお客様担当をさせて頂いています。大規模修繕工事の外壁調査・診断から、外壁改修・塗装・防水・金物工事などの工事もお気軽にご相談下さい。 資格:一級建築施工管理技士(監理技術者)・マンション維持修繕技術者・マンション改修施工・管理業務主任者

マンションの大規模修繕工事なら、株式会社明和にお気軽にお問い合わせください。

0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜) 0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜)
  • 無料見積もり・ご相談
  • 建物診断お申し込み