ガラスブロック塀補修工事 2010.02.24

マンションのバルコニー側目隠しの為設置したガラスブロック塀ですが、築後22年を経過して下端のアングルが腐食し、補修工事を着工する事となりました。
本来ガラスブロックは屋内叉は屋根付の壁に設置されていますが、この場合屋外のハバルコニーの目隠しとして設置されています。原因はコンクリート塀に取り付けられた下端のアングル部分に雨水が浸入し、水が溜まって腐食が発生したものです。後で水切りを付けていますが塀には屋根や笠木がなく、下端のシールが切れて水が浸入していました。
本来は水抜き穴を設けるべきですが無い為、水の逃げ道がなく溜まってしまい、全面的な腐食に至ったと思われます。塀は歩道沿いに位置している為に崩壊する可能性も有るため、今回は全面的な補修工事行う事となりました。
下端腐食の状況
ガラスブロック塀補修01
ガラスブロック塀補修02
【仙台で外壁改修、塗装、防水を中心とした大規模修繕工事に特化した明和】

The following two tabs change content below.
坂野宏三
■マンション修繕 工事アドバイザー マンション管理組合様、賃貸マンションなどのビルオーナー様のお客様担当をさせて頂いています。大規模修繕工事の外壁調査・診断から、外壁改修・塗装・防水・金物工事などの工事もお気軽にご相談下さい。 資格:一級建築施工管理技士(監理技術者)・マンション維持修繕技術者・マンション改修施工・管理業務主任者

マンションの大規模修繕工事なら、株式会社明和にお気軽にお問い合わせください。

0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜) 0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜)
  • 無料見積もり・ご相談
  • 建物診断お申し込み