共用廊下 床・側溝・ドレン廻り モルタル浮き注入 マンション大規模修繕工事 仙台 2010.06.0

最近のマンションの共用廊下は防水処理がされいますが、築後15年くらいの建物の場合はあまり一般的ではなく、モルタル仕上げとなってい事が多いです。
新築時には廊下の床面は勾配を取ったり、排水溝・排水ドレンを設ける為に、モルタル仕上げが必要ですが、モルタルや躯体との乾燥・収縮により、モルタルの浮きが発生してきます。
共用廊下の場合には特に排水溝・ドレン廻りに浮きを生じ易く、特にドレン廻りでは雨水が浸入して漏水に至る事が有ります。廊下の天井面に白く変色した箇所がたまに見られますが、これは雨水が浸入して天井面に廻り、塗膜の剥れなどを引き起こしいるケースです。
基本的に天井面の漏水は下からは止められませんので、上の階の床面の防水対策が必要にアなります。一般的には床面に長尺塩ビ防滑シートを貼り、排水溝・巾木はウレタン塗膜防水を施しますが、その前にしっかりとモルタルの浮きを補修する必要が有ります。
床モルタル浮きの補修はエポキシ樹脂注入工法で行いますが、排水溝廻りは幅が20.0cm位の幅で連続して浮きが見られる事が多い。1.0m当り4本が標準の注入本数ですが、浮きが止まらない場合には6本位になる場合も有ります。
また、浮きが特に発生し易いドレン廻りですが、モルタルの厚さが100.0mm位有る事もあり、深く穿孔してしっかり注入する必要が有ります。なお、床の場合には外壁のタイルなどと違って落下の危険性は無いため、SUSの全ネジピンは挿入しません。
排水溝周りの浮きの状況
施工前01
ドレン廻りの浮きの状況
施工前02
天井ドレン廻りの漏水
天井漏水
ドリルでの穿孔作業
穴あけ
エポキシ樹脂をグリスガンで注入
注入
穴埋めを行って完了
完了01
塩ビ防滑シート貼り・排水溝ウレタン防水完了後
防水完了
関連サイト 「マンション修繕工事サイト仙台」
【仙台で外壁改修、塗装、防水を中心とした大規模修繕工事に特化した明和】

The following two tabs change content below.
坂野宏三
■マンション修繕 工事アドバイザー マンション管理組合様、賃貸マンションなどのビルオーナー様のお客様担当をさせて頂いています。大規模修繕工事の外壁調査・診断から、外壁改修・塗装・防水・金物工事などの工事もお気軽にご相談下さい。 資格:一級建築施工管理技士(監理技術者)・マンション維持修繕技術者・マンション改修施工・管理業務主任者

マンションの大規模修繕工事なら、株式会社明和にお気軽にお問い合わせください。

0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜) 0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜)
  • 無料見積もり・ご相談
  • 建物診断お申し込み