コンサルタントの実情とその選定 2015.09.19

0719kasetu (17)

マンション大規模修繕工事では一般的になっているコンサル業務ですが、現在では設計・施工・工事監理に分けて計画を進める手法が主流となっています。

その為、管理組合様では大規模修繕工事の立案に当たってはまず最初に、どこのコンサルタント(建築設計事務所や管理会社・NPO法人など)を選定するか重要な課題になります。管理組合様によって各々事情は異なりますが、理事や修繕員からの推薦や日頃お付き合いの深い管理会社などが対象になります。

コンサルタントの選定については、出来れば大規模修繕工事の実績が数多く有り、第三者からの評価が高ければ理想的ですが、現実的には、新築が専門で改修工事の経験や実績が少ないケースが多く、特にマンションに限っての実績となるとかなり限定されます。

管理会社の中でも修繕設計・監理を行なう専門の部署が有れば良いですが、大手の場合を除いて対応出来るスタッフを抱えていない事が多いのです。

その為、信頼できるコンサルさんが身近にいれば問題は有りませんが、多くは適切なコンサルタントの選定が難しい状況で、弊社にもお問い合わせを頂くことも有ります。

そこで問題になるのが選定にあたっての選択肢と透明性です。管理組合様にとっては大切な資産の価値を左右しかねない重要な工事ですので、なおさら慎重に進めるべき事は言うまでも有りません。

しかし、コンサルタントの公募の場合には業界新聞などによる募集広告などのケースも有りますが、仙台などでは実績・経験の有る業者さんの選択肢は狭いといえます。

また、話のし易い管理会社が有力な候補ともなりますが、管理組合様の内部事情に詳しいため逆に敬遠されるケースも有ります。また、第3者の立場に立つNPO法人などを選択する場合、特定の施工業者などへの偏りがないかなど、十分に吟味して決定する事が重要と思います。

コンサルタントの選定は工事全体の行方を決定付ける重要な選択なので、修繕員会の立ち上げなどの際にはより多くの議論を要します。

 

The following two tabs change content below.
坂野宏三
■マンション修繕 工事アドバイザー マンション管理組合様、賃貸マンションなどのビルオーナー様のお客様担当をさせて頂いています。大規模修繕工事の外壁調査・診断から、外壁改修・塗装・防水・金物工事などの工事もお気軽にご相談下さい。 資格:一級建築施工管理技士(監理技術者)・マンション維持修繕技術者・マンション改修施工・管理業務主任者

マンションの大規模修繕工事なら、株式会社明和にお気軽にお問い合わせください。

0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜) 0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜)
  • 無料見積もり・ご相談
  • 建物診断お申し込み