磁器タイル浮き注入工法 工程 マンション大規模修繕工事 仙台 2010.05.22

最近のマンションは磁器タイル張り外壁が殆どですが、タイルは吹付けタイル(塗装仕上げ面の事)より高級感・美観上で優れ、しかも耐久性は塗装仕上げに勝ると考えられてきました。
しかし、躯体の乾燥・収縮や寒暖の差・紫外線・風雨などの過酷な環境の下で、意外にひび割れやタイル浮きが発生し易い事が解ってきました。最も、竣工時の施工の問題(施工の時期や方法)などによる瑕疵は論外ですが、タイル目地からやがて雨水が進入し易い状況もあり、自然の劣化は避けられません。
また、地震などによる挙動によるひび割れも発生しますので、竣工後12年目の大規模修繕工事の頃には磁器タイルの改修工事は必須の修繕項目となります。
特に、磁器タイルの浮きは外見から正確に把握する事は出来ず、実際には施工業者が本工事に着手して足場を架設し、始めて全面打診調査を行い、正確な数量を把握する事が出来ます。この為、分譲マンションの大規模修繕工事においては、タイル補修工事の浮き・ひび割れ・欠損については実費清算方式を採用するケースが多くなっています。実際、タイル浮きについては最も増減数量の開きが多い項目です。
外壁の場合には特に落下の可能性が有るので、マンションの大規模修繕工事では一般的に25本が基準となっています。なお、床の磁器タイル浮き注入工法では1.0㎡辺り16本(部分注入)が一般的です。
なお、ここで大切な事は浮き注入工法の仕様で、外壁磁器タイル浮きの注入の場合1.0㎡辺りの注入本数が25本の全面注入になっている事を確認します。つまり、一般的な二丁掛けタイル(50×100)の場合1.0㎡では200枚となりますが、タイル8枚毎に1ヶ所の注入という事になります。
仕様書叉は見積り書の内訳によっては注入本数が明示されていなかったり、本数が少なかったりする事もあり、不明な点については修繕設計したコンサルや設計事務所に確認を求めた方が良いでしょう。
【磁器タイル浮き注入の工法
①外壁調査の際にマーキングしたタイルの目地に振動ドリルで孔径6.0mm 深さ30mm程度に孔をあけ、孔内の切粉をエアスプレーなどで清掃します。
②注入用エポキシ樹脂接着剤の主剤と硬化剤を規定量正確に軽量し、十分に練り混ぜます。
③練り混ぜした樹脂接着剤を注入ポンプに充填し、注入孔より徐々に加圧しながら1孔あたり30g程度注入します。
④規定の全ネジSUSアンカーピン(径5.0mm前後)を注入孔の深部まで埋め込みます。アンカーピンの頭部は、モルタル面より5mm程度引き込むように埋め込みます。
⑤注入後、注入孔周りを清掃し、目立たない色のパテ状エポキシ樹脂で注入孔の孔埋めを行います。
⑥エポキシ樹脂接着剤が硬化するまで、夏期15時間、登期24時間以上は衝撃を与えないよう養生します。その後、施工場所や周囲の後片付けを行います。
振動ドリルで穿孔
穿孔
切り粉を清掃
清掃
ポンプでエポキシ樹脂を注入
エポキシ注入
SUS全ネジピンを挿入
SUSピン注入
パテ状エポキシ樹脂で注入孔の孔埋めの後清掃して完了
施工完了
関連サイト 「マンション修繕工事サイト仙台」
【仙台で外壁改修、塗装、防水を中心とした大規模修繕工事に特化した明和】

The following two tabs change content below.
坂野宏三
■マンション修繕 工事アドバイザー マンション管理組合様、賃貸マンションなどのビルオーナー様のお客様担当をさせて頂いています。大規模修繕工事の外壁調査・診断から、外壁改修・塗装・防水・金物工事などの工事もお気軽にご相談下さい。 資格:一級建築施工管理技士(監理技術者)・マンション維持修繕技術者・マンション改修施工・管理業務主任者

マンションの大規模修繕工事なら、株式会社明和にお気軽にお問い合わせください。

0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜) 0120-085-345 受付時間  8:30 - 18:00(月曜〜土曜)
  • 無料見積もり・ご相談
  • 建物診断お申し込み